黒酢サプリおススメ

健康志向の強い方が増えている昨今、そういった方々の間でも人気なのが黒酢。
でも黒酢の味がどうも苦手〜、そんな方はぜひ黒酢サプリメントを試してみてはどうでしょうか……。
飲みやすいおススメの黒酢サプリメントを紹介します。

 

元源黒酢

  • 黒酢発祥の地鹿児島でじっくりと丹念に時間かけて生成された黒酢を原料としているサプリメント
  • 1粒の中に伝統的な食材を凝縮
  • その食材とは発酵黒ニンニク、生姜、ウコン、高麗人参、発酵黒たまねぎ、発酵米エキスなどです。
  • 200年間も代々受け継がれている伝統的な製法による製品化された黒酢サプリメント。

 

越後黒酢

  • 初回限定1,000円送料無料!
  • 健康的なダイエットを目指している方におススメのサプリ
  • 越後黒酢サプリのモニターになった方の96%の人が満足しています
  • 市販の食酢に比べてクエン酸とアミノ酸がとっても豊富

 

三黒の美酢(さんごくのみず)

  • 黒酢&黒にんにく&黒卵黄油の3つの相乗効果を生むサプリメント
  • ただいま特別モニター募集中なのでお得に黒酢サプリを試せます
  • 定期便がおススメ

 

酵素黒酢革命

  • 健康食品の酵素と黒酢が合わさったサプリ
  • 鹿児島県福山町の黒酢を使用
  • 日常の食生活では不足気味になる栄養素を豊富に含む

 

黒酢の飲み方基本

黒酢の原材料は、玄米。そんな理由から、黒酢にはその他の酢に比べるとアミノ酸がたくさん含有されています。健康によいと言われている黒酢の即効性を一段とアップさせるなら、飲み方を注意するのが大切な点です。
黒酢を飲まれている方の特長としては

  1. ダイエットしたい
  2. 血糖値が気になる
  3. 疲れやすい

そんな方々に黒酢は人気です。
黒酢サプリを購入される方もそういった方々がとても多いです。

 

黒酢でダイエット

 

ところで黒酢はそれぞれの気になる点に合わせて効果的な飲み方には違いがあります。
例えばダイエットのお供として黒酢を飲むなら、できるだけ胃の負担を避けるために空腹時は避けることです。効果的な飲み方は体あったまっている時に飲むのがベストです。
例えば、お風呂上りや運動をした後に飲むのが効果的とされています。
血糖値が気になる方は、食膳に飲むのが効果的と言えます。
疲れやすい方なら、疲労感が出る要因の一つは身体の中のグリコーゲンの減少にあるのですから、グリコーゲンを摂り入れることが疲労回復がもたらされます。グリコーゲンの成分となる糖は、黒酢をセットして摂ったら効果があがります。疲れを感じられた時や運動の後に、黒酢を糖質と併せて取るようにするといいでしょう。
その他にも黒酢は「日頃から食欲がない方」「内臓脂肪が気になる方」「血圧が気になっている方」そんな方々にも黒酢や黒酢サプリはおススメの健康サプリだと言えます。こういった方々については空腹時は胃に負担をかけてしまうのは避けるということを肝に銘じていただければ、特に飲み方については制限はありません。

 

黒酢を飲む量は、サプリではなくそのまま黒酢を飲む方のために1日どのくらいの量の黒酢を飲むと効果的なのか。
大体大さじ1杯〜2杯です。(大さじ1杯は15cc)
黒酢をドリンクとして飲むときには、原液の状態だったら刺激が強すぎて喉や消化器官をダメージを与えしまう恐れがありますから、10倍くらいに薄めてから飲むようにすると良いいでしょう。その時に、ハチミツといった糖分と一緒に取るときには、糖分の取りすぎには十分に注意しながら飲むようにしましょう。
さらに黒酢には体を冷やす特質もあるので、冷え性の方は飲み方に注意が必要です。体が冷えた状態では飲まないとかあまり飲みすぎないといったような配慮が必要になるでしょう。

 

黒酢をサプリで補給すると手軽に飲むことができのでお勧めです。

黒酢と一般の食酢との違い

黒酢には様々な栄養素がたっぷりと含んでいるので、健康や美容に気を使っている方にはおススメです。
黒酢は酢のひとつですが、普段から使っている食酢と一体何が違っているのでしょうか?
そんな疑問にお答えしたいと思います。

 

黒酢と食酢との違いは、その色です。黒酢は黒褐色をした色をしていますが、これは製造段階で起きてくる化学反応によるもので熟成期間が長ければ長いほどこの色は深みを増していきます。
そしてもう一つは味の違いです。一般的な酢はかなりきついツンとした酸っぱさがありますが黒酢の場合はどちらかというとマイルドでコクがあります。
黒酢は食酢に比べてアミノ酸の量が豊富に含まれていることも特徴の一つになっています。

 

原料と製造法の違い

  • 黒酢の原料 玄米、大麦
  • 米酢の原料 白米

 

  • 黒酢の製造法 長期にわたり発酵と熟成を行う
  • 米酢の製造法 短期間で発酵させる

 

黒酢はJAS規格に則って、「米黒酢」と「大麦黒酢」の2種類が存在します。
1000ml毎に180g以上の米(玄米)を使ったものを、発酵・熟成を介して褐色若しくは黒褐色の状態になったのを「米黒酢」と呼んでいるのです。さらに、大麦だけを用いて同じ様に生成されたものが「大麦黒酢」なのです。
このような違いがあり、黒酢は長い時間をかけながら発酵と熟成をされることでアミノ酸の量が増えるというメリットがあるのです。
黒酢が健康や美容目的のサプリメントしておすすめな理由がこのような製造法や原料などもその一つとなっていると言えそうですね。